35歳からの心身アンチエイジングブログ

日々迫りくる老いを全力でやり過ごす

結婚相談所に入会

ついに結婚相談所に入会しました。

お金もアプリなんかに比べて格段にかかるし、なんとなく敷居が高い。

どんな人が登録しているのかも良く分からない…

年齢…不利ですよねえ。

 

昨年末まで、一応結婚前提のような形でお付き合いしていた方がいたのですが、煮え切らない彼を詰めたところフラれてしまいました。

仕事モードで理詰めで詰めまくったからな汗。

妊娠出産をまだあきらめきれないアラフォー女性を振るって結構鬼畜ではないか。

という憤りもそこそこに、結局彼にとって大切な存在になれなかった(決断させられなかった)自分の不甲斐なさを自戒しつつ、前向きにパートナーを探していこうと思います。

 

パートナー探しにあたり、相談所に入会した理由はいくつかあります。

 

*************************************

●必ず紹介がある

フツウにしてても出会いなし。もうこの年になると合コンや飲み会の誘いも少なく、あっても既婚者混ざってる。

交際ステータスになるかは別として必ず毎週男性を紹介してもらえる。

 

●早い

相談所だと○○以内にどうしてくれ、という制約があるので「先送り」にしづらく、結果的に早く結婚までたどり着けそう。

 

高額な事で相手もそれ相応に本気。

 

●効率的

私の場合、○○な人が好き、自分に合う、とわかるほどの恋愛経験がなく、どんな人がパートナーがいいのか自分でも良く分かっていない。歴代(といっても3人しかいない)も家族や友人に合わせたことがなく、アドバイスしてくれる身近な人間もいない。

 

三者であるカウンセラーさんに自分の気持ちを引き出してもらうのも有効。

 

今だと心理テストのようなものを受けて、AIマッチング等もしてもらえ、techの力も駆使して、より自分に合う人を効率的に見つけることが可能。どんなに好きな人でも一緒に暮らせば、色々あるんでしょうが、よりストレスを感じない相手が見つかるのではと期待しています。

 

●スペックがあらかじめわかる

結婚するとなれば年収や学歴も気になるところ。普通に出会うとうまく聞き出すことができないのでこちらも便利。高すぎず低すぎず自分と同レベルくらいの方が、いろんな話し合いをする上でいいのかなと思います。

************************************* 

 

容姿は中の下、年齢は30後半、性格きつめ、ただの事務員、な私は、確実に市場価値低い。

戦略が必要となります。

お相手の条件として、「低身長」、「シングルファザー等NGとする女性が多いと思うのですが、私としてはさほど気にならない条件は譲って、倍率少ないとこ狙っていこうと思っています。

 

へこむこともあるかと思うのですが、せっかくなので楽しんでやっていこうと思います!

 

漠然とした焦りはあるものの、今すぐ結婚したい!というほどでもなくのらりくらりな私ですが、彼は早く欲しいですね。

本日バレンタインデー。

多くの恋が実りますように。