35歳からの心身アンチエイジングブログ

日々迫りくる老いを全力でやり過ごす

誰の為の婚活?

今週末もエージェントに紹介していただいた方とのお見合い入ってます。

楽しみでもあるけど、少しめんどくさい。

そんな人多いんじゃないかなあと思います。

 

ファーストコンタクトの場合、カフェで1時間程度お茶するってのが定番なんですが、

 

「お店スムーズに入れるかなあ」

「いい人かなあ」

「会話弾むかなあ」

「がっかりされたら悲しい」

「がっかりもしたくない」

 

お互い全身全霊完全武装で臨むからいまいち素が見えないし正直、いやだいぶちょっと疲れてしまいます。

 

だいたいなんでわたし婚活してるんだ?

 

7割「世間体」なぜか周りに心配されるため安心させたい

2割「経済面」ひとりより何かとお金の面で助かる(子供ができたらまた別でしょうね)

1割「精神面」安定するのかなあ?一人になれてるから気疲れしそうだけど…

 

私自身、いまいち結婚にメリット感じてない。

ほぼ、親の為、といってしまうといい方悪いけど、いつまでも誰も迎えに来てもらえない娘への父への落胆、母への心痛がかわいそうで、

親孝行が一番の目的になってしまっている気がします。

 

生きる方向性としてこんなんでいいんでしょうかね。